ボーカルレッスンで良い声に

歌を担当する人のボーカルレッスンで、まず大切なのは、複式呼吸法の会得です。つぎに、その呼吸を支える腹筋と発声の姿勢です。上半身は力を抜き、足は肩幅に開き、へそからおもりが地面に向かって引っ張られているようにしっかり腰を据えて立ちます。響かせるときは、鼻や頬骨、ひたいなどにぶつけるようにします。目線は、少し上のやや遠くを見ます。全身を楽器だと考え、リラックスして力を抜きます。ただし、お腹だけは突っ張って支えます。鼻から吸った息をせり出して保ったお腹から一定に口に送り、少しずつ一定に吐き続けます。上あごの奥の柔らかい部分を引っ張り上げ、吐くのではないかというようなくらい引っ張り上げて、はばけるような構えで響かせます。それがわざとから自然にできるような頃になると素晴らしい響きのある発声になっています。ステージ経験のあるボイストレーナーに教えをこうこともできます。

ボーカルレッスンでソロ歌唱

歌を歌う人の練習で、最も大切なのは、息の使い方です。複式呼吸といって、お腹を支え、鼻から吸った息を口から細く一定に吐き続けます。この練習で、呼吸法は身に付きます。2番目に、大切なのは全身の姿勢です。息を支える腹周り以外は、全身の力を抜き、楽器と見立てた全身に響かせます。力が入って緊張したりこわばっていたりするとよい音がひびきません。最後に、顔の骨や胸に音を響かせます。ものを吐くときに「おえっ」となりますが、口内部の構えが歌では大切です。最初は不自然でも、その口の格好に慣れてきます。その頃には響きの良い声が出せるようになっています。経験豊かなボイストレーナーについて、ボーカルレッスンをすれば上達が期待できます。後は、感情を込めたり、顔つきで表情をだしたりすることです。心を伴った響きには、想いが伝わります。

ボーカルレッスンは音階練習の繰り返し。

ボーカルレッスンで、大事なのは、複式呼吸法と体の姿勢や口内部の形です。つぎに、その声を支える腹まわりの筋肉です。全身の力を抜き、体を楽器にみたてて響かすことです。さて、具体的な音階の練習は、音階の上がり下がりを様々な言葉で繰り返し発声します。時には、1オクタブ上げてから下がる音階練習もします。ドミソのようにとびとびの音階で練習したりもします。様々なパターンでの音階練習で、耳が音階をつかみ、口が音階に慣れるようにします。正しい息を出す呼吸法と姿勢、響かせる意識と音階練習でほぼ練習は完璧です。後は、細く長く一つの音を出し続ける練習や強弱の練習、刻んで発する音の練習等、音の出し方の練習をします。最後は、いよいよメロディーです。想いや場面を主張しなければなりませんが、バックコーラスや周りの音と調和することも大切です。よく心を合わせ、耳を合わせて演奏することが必要です。

ベリーメリーは、他の音楽学校には無い独自のルートでプロデビューをサポート! オーディションで選ばれた在籍中アーティストの楽曲を配信しています! 基礎を学ぶエレメンタリーコースはリーズナブルで初めてのボーカルスクールでも通いやすい価格設定。 エレメンタリーコースでは、歌うための基礎を一回ごとにしっかり学んでいきます。 冬の時代と言われる音楽業界で、デビューまでバックアップします! ボーカルレッスンを受けたい方はVERY MERRYへ